Tuesday, 27 March 2012

A Rendezvous with Batik Artisan and Batik Lovers バティック・アーティストと愛好家との出会い

During last home-coming, I was fortunate to meet with a few passionate batik artisans and lovers. I learned that batik has been in their life for years. They have fallen in love with batik, laughed, cried, and worked their fingers to the bone for Batik. In their sleep,  they dream about flowers, phoenix, tree of life, clouds, dragon, leaves.. When they are awake, they put all of them onto cloth. It was an honor meet them.

今回の里帰りで、私は幸運にも、情熱的なバティックアーティストや愛好家達と、巡り会うことが出来ました。彼らにとって、長年、バティックが人生そのものです。彼らは、バティックを愛し、バティックとともに笑い、泣き、そして仕事をしているわけです。眠っている時でさえも、彼らは、花や、フェニックスや、生命を宿す樹や、雲や、ドラゴンや、葉のデザインを夢見るのです。そして起きている時は、それらをバティックに映し出します。そんな彼らに出会えたことは、とても光栄なことでした。

We met mas Bayu and mbak Dani at mas Bayu's home in Jogjakarta (mas and mbak are Javanese  titles used when addressing people. Mas for men and mbak for women. Especially used when addressing men or women of about the same age or a bit older or in some cases a bit younger. For example, Bayu is much younger than me). Mbak Dani is pretty and energetic lady. Educated at one of the top universities in Indonesia and attended a short course in Oxford Unversity, England. Upon finishing her studies, she decided to run a batik business. Her love for batik had been her strongest motivation. Mas Bayu is a graduate of Indonesia Institute of Art in Jogjakarta, a city most associated with culture and art. Founding his own batik studio called Hotwax Jogja, he has designed and made beautiful pieces of batik. Highly influenced by Japanese art, he ingeniously incorporates Javanese, Indonesian, and Japanese styles in his batik pieces (he also can draw Japanese black-and-white paintings called "Suiboku Ga" and he said one of his hero is Akira Toriyama who's the writer of "Dragon Ball"). Meeting and talking with these people was an incredible experience and has deepened my knowledge about batik.

私達が出会ったのは、バユさん、ダニーさんの二人で、彼らとは、ジョグジャカルタのバユさんの家で出会いました(masuやmbakはジャワの呼称で、前者は男性、後者は女性に対して用いられます)。ダニーさんは、可愛くて、エネルギッシュな女性です。インドネシアの名門の大学を卒業し、イギリスのオックスフォード大学に留学しました。学問を終えると、彼女は、バティックの仕事をしよう、と決意しました。彼女のバティックに対する愛情は、その最強の動機となりました。バユさんは、文化と芸術の街であるジョグジャカルタにある国立芸術大学を卒業しています。彼は自分のスタジオを作ってそれを「ホットワックス」と名付け、数々の美しいバティック作品を生み出しています。特に彼は、日本の文化にとても影響を受けていて、彼の作品の中には、ジャワやインドネシア、日本のテイストが、巧みに織り込まれています(彼は、日本の水墨画もたしなみます。また彼は、自分のヒーローの一人は、漫画『ドラゴンボール』の作者・鳥山明だ、と言っていました)。彼らと出会い、そして話をしたことは、素晴らしい経験であり、そのおかげで私のバティックに対する知識は、より深まりました。

But long before that, I had met another energetic lady in Bandung. Also an young entrepreneur in batik. She travels to the remote areas in West Java in search for hidden treasure. She meets with batik artisans and brings their works to Bandung and sell them. She has become a bridge between these village artisans to the market of batik lovers. We had a very long chat over a nice coffee and some yummy snacks. We came to an idea of producing silk batik stoles, shawls, and wraps involving artisans the city of Tasikmalaya, whom she has known well for a long time. Some of them are ready to be shown in my next posts. Be ready to check them out!! ^_^

その前に、私はバンドンで、もう一人のエネルギッシュな女性に出会いました。彼女も若いバティック起業家です。彼女は西部ジャワを広く旅して、「隠された財宝」を捜し求めました。彼女はそこで出会ったバティック・アーティストの作品をバンドンへ持ち込んで、ビジネスをしています。彼女は、これらの農村に住むバティックアーティストと愛好家とを結びつける「橋」となっているのです。私達は美味しいコーヒーとお菓子とで、長時間おしゃべりしました。そこで私達は、シルクのバティックのストールを作ってはどうか、それをタシクマラヤに住む古くからの付き合いのバティック・アーティストに頼んでみよう、と思いつきました。いくつかは次の記事でご紹介します。お楽しみに。

Most left is mas Bayu and on my left, in the middle is mbak Dani
左にいるのは、バユさん、私の隣にいるのが、ダニーさん


me and mbak Riri at a coffee house in Bandung, enjoying a long chat about batik
私とリリさん。バンドンのコーヒーハウスでバティックについて話をしました



Silk batik scarf made by mas Bayu. Gorgeously decorated
バユさん制作の、シルクのバティック・スカーフ。装飾が見事です。

a batik design by mas Bayu. showing strong influence of Hokusai
同じくバユさんの作品。北斎にも強い影響を受けています。

my wrap batik skirt with Hokusai and Javanese design by mas Bayu
北斎・ジャワの折衷のバティックによるラップ・スカート。バユさんの作品。




first production of silk batik stoles and wraps by mbak Riri and me
リリさんと私の共同制作によるシルクのバティック・ストール。
Visit my facebook fan page for posts, give-away contests, and Q & A.




No comments:

Post a comment