Wednesday, 28 March 2012

Inspiration of First Project 最初のプロジェクトのアイディア

It is not easy to find a partner with who you can communicate what you want and what you think and understands them well. For example, if a foreigner really fall in love with Batik and decide to visit Indonesia to ask Batik artists to make Batik works as he/she likes, it may be totally difficult because of the cultural (and sometimes language) differences ! In this meaning, I might be lucky because I'm Indonesian so it's not so much difficult for me to think about the business plans with understanding their situation and so on, even though I'm living in a far away place.

自分がやりたいこと、考えていることについてよく理解してくれるパートナーを見つけるというのは、なかなか難しいことです。例えば、ある外国人が真にバティックに惚れ込んで、インドネシアを訪ねて、バティック・アーティストに、自分の望むバティック作品を作ってもらおうと思っても、それはなかなかに難しいことです。なぜなら、文化の違い、あるいは言葉の違いがあるからです!その意味では、私はラッキーかも知れません。なぜなら、私はインドネシア人なのですから!彼らの置かれた状況を理解しつつビジネスのプランを考えることは、私にとってそんなに難しくはありません。たとえずいぶんと離れた場所にお互いが暮らしているのだとしても。

I was really happy when I met Riri. At last I found a partner whom I can work together well. She is a mother of a-year-old baby daughter. She and her husband run a batik business together. She is among the few Indonesian who think that being a self-employed is better that becoming a government officer. I really like her progressive mindset :-). Enthusiastically, she immediately accepted my idea of producing silk batik stole with batik designs from Tasikmalaya city where she has been acquiring high quality hand-stamped and hand-drawn batiks for the past few years. And she has known the batik artisans very well.

リリさんと出会ったのは、私にとって、とても幸運なことでした。ついに私は、一緒に仕事が出来るパートナーを、見つけたのです。彼女には、一歳の子供がいます。そして彼女は旦那さんと一緒に、バティックのビジネスをしています。彼女は、自分で仕事をした方が公務員として働くよりやりがいがある、と考える、数少ないインドネシア人の一人です。私は、彼女のそんな進歩性が好きです。すぐに彼女は、彼女がここ近年、スタンプと手描きのクオリティではピカイチ、と太鼓判を押す、タシクマラヤのバティックのデザインを用いたシルクのストールを作ろう、という私のアイディアに乗ってきてくれました。彼女は、そこのバティック・アーティストを良く知っているのですから。

When it comes to batik making, Tasikmalaya may not be as well-standing as batik-making centers in Central Java such as Jogjakarta, Solo, Lasem, or Pekalongan or even those in West Java such as Cirebon or Indramayu. However, the city had her golden age in batik between 1950 - 1960.

バティックの制作という点では、タシクマラヤは、ジョグジャカルタ、ソロ、ラッセム、パカロガンといった中部ジャワの中心地や、チルボン、インドラマユといった西部ジャワの中心地に比べれば、そんなに有名ではありません。しかしこの街は、1950年代から60年代にかけて、バティック制作の黄金期を迎えたのです。

Tasikmalaya batik patterns received strong influence from those of Jogjakarta and Solo, which is quite characteristic in comparison to other famous batik making centers in the West Java. For example, the preference for geometric patterns such as those favored in Jogjakarta and Solo. Also the choice of color tones such as soga brown, black, indigo, deep red on a cream background. These are some of the examples:

タシクマラヤのバティックのパターンは、むしろジョグジャカルタやソロの影響を色濃く受けていて、西部の他の有名なバティック生産地とは、著しく対照的です。例えば、ジョグジャカルタやソロで有名な幾何学模様と比べてみましょう。また白地の上の、ブラウン、ブラック、インディゴ、深い赤といった配色も、特色があります。これらはほんの一部です。

Kawung pattern
カワンのパターン

Parang pattern
パランのパターン
The Dancing Peacock
踊る孔雀のパターン
Fortunately, Riri has been working together with progressive batik workshops who dare to apply more various color tones. And given this, I thought that it would be a nice idea to apply Tasikmalaya batik design on silk stoles, wraps or shawls.

幸運なことにリリさんは、多彩な配色に積極的な、進歩的なバティック工房と長年仕事をしてきました。そのために、タシクマラヤのバティックのデザインを、シルクのストールに応用するのは良いアイディアかも、と思ったのです。

And the result is gorgeous silk batik stoles ever! Using lined silk which has two weaving patterns alternating, the silk stoles look so elegant and beautiful as you can see below.

その結果、最高にゴージャスな、バティックのストールが出来上がりました!二層のパターンのシルク地を使って、ストールはご覧のように、エレガントに美しく仕上がりました。

One of the silk stoles. Decorated with roses pattern in red. Hand-stamped and hand-dyed.
シルクストールの一つで、赤いバラの装飾がしてあります。スタンプと手描きの混合です。
More of these gorgeous silk stoles in the coming posts (^_^)

さらにゴージャスなシルク・ストールは、次回に。

Visit my facebook fan page.

No comments:

Post a comment