Sunday, 28 October 2012

Hair Accessory Alligator Hair Clip with Pink Peony ピンクのボタンのヘアアクセサリー

Peony or  ボタン in Europe is called "the rose without thorns". In Japan and China it is considered the "King of flowers".

ボタンはヨーロッパでは"トゲのないバラ"と呼ばれます。日本や中国では"花の王様"と考えられているそうです。

The name itself derived from Paeon or Paean. He was the student of Asclepius, the god of medicine in Greek mithology.


Peonyの名前はペオニアから来ています。彼はギリシャ神話の中の薬の神であるアスクレーピオスの弟子でした。


Legend has it that Asclepius was jealous of his student. To save him, Zeus turned Paeon into the peony flower. Although there's another version that says Paeon received the peony from the mother of Apollo.

伝説では、こうなっています。アスクレーピオスは弟子の才能を妬みました。彼を守るため、ゼウスはペオニアをボタンに変えました。別の伝説では、ペオニアはアポロの母からボタンをもらったことになっています。

In China where the flower is originated, peony represents the royal families. Legend has it that queen Mu threw a party in the capital city of Jang-Ahn. Showing off her authority, she ordered all the flowers to bloom at the same time in order to make her happy. Although all the flowers obeyed, the peony didn't. The Queen was so angry that she had it sent away to the country side called NakYang. As soon as the peony arrived in NakYang, it bloomed even more beautifully. When the Queen heard this she was enraged and ordered that the peony had to be burned. Peculiarly even after burning, the peony still bloomed.

ボタンの原産地と考えられる中国では、ボタンは王族を表現します。こういう伝説があります。唐の則天武后が長安の都で宴会を催しました。彼女の威光を示すため、彼女は全ての花に同時に咲いて、彼女を喜ばすように命じました。全ての花はその命令に従ったのですが、ボタンだけはそうしませんでした。則天武后は激怒してその花を洛陽へと追放しました。ボタンは洛陽へ着くと、都にいた時よりももっと美しい花を咲かせました。則天武后はこの話を聞いてさらに怒り狂い、全てのボタンを焼き払うように命じました。しかし焼かれているにもかかわらず、ボタンは美しく咲き続けたそうです。

Having such a long history, it is no wonder that the peony bears so many symbolic meanings. In China and Japan, it has pretty much the same, it symbolizes a symbol of wealth, good fortune and prosperity and a happy marriage too.

このような長い歴史を持つボタンには、様々な象徴的な意味が込められています。中国や日本では割と似通っていて、ボタンは、富、幸運、成功、幸せな結婚を象徴しています。

Despite these myths and symbolic meanings, no one would doubt that the beauty of peony makes this flower one of the most exquisite flowers.

これらの伝説や象徴的な意味を知らなくても、ボタンの美しさがこの花を最も優雅な花の一つにしていることを疑う人はいません。

This is the first peony kanzashi I've made. It is made from hand-stamped batik. Pink for the petals and green for the leaves. I used the Japanese method of tsumami kanzashi to assemble the petals. It is mounted on this beautifully-carved metal alligator hair clip. I added tiny swarovski crystals as if the petals were studded with dew.

これは私の最初のボタンのかんざしです。ハンドスタンプのバティックから作りました。花びらを組み合わせるのに、日本の伝統的なつまみかんざしの技法を使いました。それを美しい装飾の入ったヘアクリップの上に載せました。スワロフスキーを使ってまるで水滴が付いているかのように装飾してみました。


To know more and to purchase, click the link to my Etsy shop here.

詳細はこちらのEtsyショップまで。

I'd be happy to hear about your comments on my work. Thank you ^^

ぜひ感想を聞かせてくださいね!

No comments:

Post a comment